広島覆面調査|カエルカンパニー代表岡崎美紀子 


経営コンサルタント飲食店ミステリーショッパー|スペーサー
飲食店経営コンサルタント|岡崎美紀子ブログ

経営コンサルタント飲食店ミステリーショッパー|スペーサー
 
 
 
 
ミステリーショッパー(覆面調査)とは
HOME経営コンサルタント覆面調査ミステリーショッパー|treemenuミステリーショッパー経営コンサルタント覆面調査ミステリーショッパー|treemenuミステリーショッパーとは?
ミステリーショッパー(覆面調査)とは?
メディアなどで話題のミステリーショッピング。いま、需要が増えています

ミステリーショッパーとは、飲食店などの事業主の方が接客などのサービスを把握するため、お客様を装った調査員を派遣、覆面調査員が実際にサービスを受け査定を行う覆面調査のことです。

客観的に従業員のサービスを評価するために昨今注目の業種として、様々なメディアでも取り扱われています。

カエルカンパニー|プレスリリース

古くは1940年代のアメリカの企業が従業員の調査のために始めたとされ、 マーケティング調査の手段のひとつとして日本でも普及が進んでいます。

ミステリーショッパーを行う企業の中には、小売業・宿泊施設・病院などのサービス業全般を扱っている会社もあります。

もちろん弊社も美容院や中古車、ジュエリーショップなど、接客に関するお仕事であればどんな業界でも対応致します。



ミステリーショッパーの目的

お客様目線を忘れてしまいがちな店舗へ、お客様目線で感じたことや意見を伝えることが、顧客満足度をアップさせ売上拡大につながります。
「なぜウチの店は売り上げがのびないのか?」
「なぜ、リピーターが増えないのか?」
より良いお店に作り上げてゆくため、そのためにまずは 現在の状況を把握し分析することが必要です。

【現状把握・分析】

それがミステリーショッパーの従来の目的です。
現状把握・分析フローチャート

ミステリーショッパーの最終目的とは、 調査させて頂いたお店を繁盛店にすることです。 ミステリーショッパーとは店舗改善の足掛かりにすぎません。

しかし、多くのミステリーショッパー企業は、 改善案の提案やその後のサポートまでは行ってくれないのが現状です。


需要の伸びるミステリーショッパー

お客様が来ない、モノが売れない、消費が冷え込む今だからこそ“お客様の目線”が必要とされています。

消費が伸び悩むいま、飲食業を含むサービス業界も顧客の獲得に向けて様々な試行錯誤を行っています。そんな中「お客様の満足度」を向上させるという、ビジネスの原点に立ち返る業者が増え、より現場の状況を客観的に把握することのできるミステリーショッパーの需要が高まっているのです。

「ミステリーショッパー」「覆面調査」という言葉に馴染みの無い方も多いでしょう。しかし現在広島県内にも、東京・大阪などから同業者が10社近く進出しています。また、インターネットの普及により、サイトの窓口を経由して一般消費者を募り、要件を満たした回答者に謝礼を行う方式が主流となってきています。

減少する実収入と消費支出
▲減少する実収入と消費支出
総務省【家計調査報告】から
ミステリーショッパー協会ミステリーショッパー協会(外部リンク)
 

 
ミステリーショッパー|区切り線
HOME経営コンサルタント覆面調査ミステリーショッパー|treemenuミステリーショッパー経営コンサルタント覆面調査ミステリーショッパー|treemenuミステリーショッパーとは?